中高年の転職と試用期間の意味

中高年の転職と試用期間の意味

中高年の転職と試用期間を設ける企業の思惑

 

 試用期間の定義は、企業が長期雇用を前提に採用した社員に対し、その適性や能力、勤務態度を確認したうえで、本採用するかどうかを判断するための観察期間とされています。ですが、原則的には継続雇用が前提なため、健康保険や雇用保険、労災保険、厚生年金の加入が義務付けられています。

 

 また、試用期間を設けるためには、就業規則にその旨が明記され、さらに労働契約書の取り交わしの際に、企業と本人とで合意している必要があります。労働基準法で定められている制度ではないため、その期間や待遇については企業に裁量権がありますが、企業の都合で一方的に変更することはできません。

 

 とはいえ、中高年の転職の場合は、高い人件費に見合う人材かどうかを見極めるために、試用期間を設けている企業が少なくないのが現状です。特に中小企業には、余分な人材を採用する余裕がありませんので、その傾向が顕著であることを念頭に置く必要があります。

 

試用期間中あるいは満了時の解雇について

 

 中高年の転職の場合、試用期間中あるいは満了時に会社が望む成果を上げられなかった場合、解雇や雇用形態の変更を告げられる可能性があります。
 試用期間中あるいは満了時に解雇される際には、試用期間を15日以上経過していれば、社員と同じように、30日前に予告するか、平均賃金の30日分の解雇予告金を支払うかを、会社は選択しなければなりません。

 

 また、試用期間の延長や雇用形態の変更についても、雇用される本人と企業の合意が条件となります。もし、そのような申し出があった場合には、そうした権利を理解したうえで、会社側と話し合いをするようにしましょう。

 

 

 

【関連記事】

ホーム RSS購読 サイトマップ