都心と地方での転職のしやすさの違い

都心と地方での転職のしやすさの違い

転職のために都心へ移住する人が増えている

 求人の数は都会になるほど多くなります。それは市場規模が都市単位で異なるからで、地方や郊外になってくると、もらえる給料の額も変わってきます。こうした状況は、転職のしやすさにも大きく影響します。求人倍率は平均的な数字ですが、場所によってバラツキが生じるのも事実です。もし、転職活動で苦労をしたくないということであれば、都心に行って職を探す方が非常に効率的です。確かに物価の安さや家族などの希望などで、都心以外での転職もニーズがありますが、まだ一人暮らしの独身の方であれば、郊外よりも都心で仕事を探す方がメリットが大きいため、移住する人も増えているわけです。

 

マスコミ関連の転職は都心が有利

 また、地域によって業界にも偏りが発生します。その代表例がマスコミ関連の仕事です。大手の出版社の場合には各都市に支社がありますが、小さな出版社や編集プロダクションなどは、都心に集中する傾向にあります。こうした、働きたい業界が決まっている場合には地域の選択も転職のしやすさを左右する重要なポイントです。SOHOなどの自宅勤務も増えてはいますが、組織に所属する方がまだメジャーですので、マスコミ関連の会社に転職する場合には、移住も視野に入れておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ