本音から導き出す面接での対応の仕方

本音から導き出す面接での対応の仕方

 転職を希望する人の中で、転職理由として、もっとも多いのが人間関係だと言われています。しかし、本音がそうであったも、間違っても面接で「上司と気が合わなかったから」などと言ってしまっては、採用してもらうことなど難しくなってきます。だからと、言って嘘を言う必要はないのです。その本音から、導き出せばいいだけなのです。

 

人間関係がうまくいかなかった理由を考える

 なぜ、今の会社で人間関係が嫌になったのか理由を考えます。「責任のある仕事を任してもらうことができなかった」や頭ごなしの上司が嫌だったのなら「新しいアイデアを存分に生かすことのできる職場への転職を望んでいる」や「責任をもって、やりがいのある仕事に取り組んでいきたい」などと考え方を少し変えるだけで、十分に面接で使用することができる内容に変化します。

 

ネガティブな考えをポジティブな考えに

 毎日、単調な作業に嫌気がさし、転職を考えたとします。しかし、それを正直に面接で話すことは不利になってしまいますよね。なので、そんなネガティブな考えを「いろいろな仕事を積極的に経験していきたい」とポジティブな考えに置き換え面接で話すことで、イメージをグンと変えることが可能です。

ホーム RSS購読 サイトマップ