転職に重要な職務経歴書の記入の仕方

転職に重要な職務経歴書の記入の仕方

 転職する際に、まず自分の顔になる職務経歴書。初めての就職活動とは違い、転職の場合、今までの実績などを評価する企業がほとんどです。その為、それら今までの実績を評価する職務経歴書は、とても重要なポイントのひとつになってくるのです。

 

人事担当者が気にするポイント1 退職理由

 多くの人事担当者は、まず、退職理由を確認します。この人が、どのような経緯で今の会社を退職したのか。その為、退職理由の記入は慎重に行う事が重要。デメリットにならないよう前向きな理由で退職する事になったように記入する事が大切です。

 

人事担当者が気にするポイント2 自分のアピールポイント

 職務経歴書の場合、今までの仕事の実績を箇条書きにするだけでは、人事担当者に自分をアピールする事など出来ません。自分をアピールする為には、その仕事の際にどのような努力を行ったのか。どのような苦労があったのかなどを書き加え、また、その際に経験したことをこれからどのように活かしていきたいのかなど記入する事で、仕事の経歴だけではなく、自分自身についても、しっかりとアピールする事が可能になってきます。

 

 これらのように、職務経歴書には、様々なアピールポイントが隠れています。上手に職務経歴書の中で自分をアピールする事で、採用に一歩近づく事が可能になってくるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ